Home > ランブルローラー シリーズ > Rumble Roller/ランブルローラー
  • rumbleroller
  • rumbleroller
  • rumbleroller
  • rumbleroller
  • rumbleroller
  • rumbleroller
  • rumbleroller
  • rumbleroller
  • rumbleroller
  • rumbleroller
  • rumbleroller

Rumble Roller/ランブルローラー

スモールサイズ/スタンダードフォーム(紺色)注文番号SBCJ0005

SBCJ0005
31cm×13cm(ネイビー) ¥6,500
数量

スモールサイズ/ハードフォーム(黒色)注文番号SBCJ0017

SBCJ0017
31cm×13cm(ブラック) ¥6,500
数量

ミドルサイズ/スタンダードフォーム(紺色)注文番号SBCJ0176

SBCJ0176
55cm×14cm(ネイビー) ¥7,700
数量

ミドルサイズ/ハードフォーム(黒色)注文番号SBCJ0177

SBCJ0177
55cm×14cm(ブラック) ¥7,700
数量

ロングサイズ/スタンダードフォーム(紺色)注文番号SBCJ0006

SBCJ0006
77cm×15cm(ネイビー) ¥12,000
数量

ロングサイズ/ハードフォーム(黒色)注文番号SBCJ0016

SBCJ0016
77cm×15cm(ブラック) ¥12,000
数量

“GO DEEPER”−より深い組織のリリースを提供

商品名:Rumble Roller/ランブルローラー

  • ■用途:筋肉・筋膜・トリガーポイントのリリース&ストレッチ用
  • ■効果を期待できる症状:筋肉疲労、筋肉痛、筋膜の癒着・ねじれのリリース、トリガーポイントのリリース、姿勢の矯正、むくみ・疲れの解消
  • ■材質:EVA/ポリオレフィン混合(防水加工&ラテックスフリー)
  • ●汚れが定着しにくく、手入れしやすいEVA/ポリオレフィン混合素材
  • ●抗菌&ラテックスフリーのためカビや細菌の繁殖を防ぎ、アレルギーをお持ちの方にも安心してご使用いただけます
  • ●バリエーションとしてスタンダードタイプ(ネイビー)に加え、硬質なフォーム(36%硬度アップ)を使用したハードタイプ(ブラック)をご用意しています

今までにない深いリリースをいつでも、どこでも

ランブルローラーの表面には特別にデザインされた、頑丈で柔軟性のある突起が配置され、筋筋膜(Myofascial)の深部への刺激と、効果的なリリースを実現します。
持ち運びにも便利で、好きなときにプロレベルの筋膜リリースができるため、経済的でハイクオリティなセルフケアを提供します。
アスリートのトレーニングから一般のエクササイズ目的まで、幅広く多くの方におすすめできる世界標準のフォームローラーです。

毎日使い続けるものだから、本物にこだわる

スタンダードタイプと、より硬度なハードタイプをご用意
一般的な方にはスタンダードタイプ(ネイビー)がおすすめです。スタンダードタイプでも柔らかさは感じず、深い刺激が得られると思います。
一般の方よりも筋肉が硬い方、またはより硬質な深い刺激を求める方にはハードタイプをおすすめします。ハードタイプはスタンダードタイプに比べて約36%硬質な素材を使用しています。

  1. rumbleroller_13
  2. rumbleroller_14

米国で開発された高品質の特許商品

ランブルローラーはアメリカで開発され、パテント(特許)を取得している米国STI社のオリジナル商品です。開発には同社が何年もかけて他のフォームローラーを分析し、さまざまな種類で高度なポリマーのテストを行ってきました。こうした材料研究の結果、従来のローラーよりも数倍の強度と引裂抵抗を持つ、触り心地のよい商品の開発に成功しました。

従来のフォームローラーは、軟部組織の表層部のみ刺激していました

理学療法士、トレーナー、そしてアスリートは筋肉痛や筋肉の緊張を取り除く目的でフォームローラーを使用することが多くあるでしょう。ただ、従来のフォームローラーでは平たい面での刺激しかできず、血行と組織の柔軟性はよくなりますが、長時間ローラーを転がさないかぎり、効果は筋筋膜表面上の限られた部分にしか届きませんでした。

ランブルローラーはより深部への刺激と、より効果的なエクササイズを目的に開発されました

ランブルローラーは、マッサージ&指圧療法士のように軟部組織をコントロールします。
ランブルローラーの表面には特別にデザインされた、頑丈で柔軟性のある突起がついており、まるでマッサージ&指圧療法士の指のような感覚です。

ランブルローラーの突起は筋肉よりも固く、骨よりも柔らかく作られています。先端約4〜5cm間隔のこの突起により、ランブルローラーを転がしたり、体の位置や体勢に変化をつけることで、トリガーポイントやツボをほぐし筋肉痛を早くやわらげる効果が期待できます。

従来のフォームローラーよりも効果的、かつ長持ちすることを目指して開発されました

ランブルローラーを開発するまでに、STI Industries社は何年もかけて他のフォームローラーを調査し、さまざまなテストを行ってきました。材料研究の結果、従来のローラーよりも数倍の強度と引裂抵抗を持つ、触り心地の良い商品の開発に成功しました。

ランブルローラーの滑らかで無孔質の表面は、ほとんどの汚れが定着しにくく、お手入れがしやすい材質です。また、防水仕様でラテックスを使っておらず、抗菌剤を中に添加しているのでカビや細菌の繁殖を防ぎます。気になる汚れは、石鹸や家庭用中性クリーナーを布巾に浸し拭いていただくことができます。

Fake!/偽物・類似品に関する情報

残念ながら最近、日本でもランブルローラー/RumbleRollerの偽物情報をいただくようになってきました。
本物と偽物では、素材や耐久性、使用感などが大きく異なります。オリジナル(本物)は本体にRUMBLEROLLER.COMの刻印があります。

RumbleRoller/ランブルローラー使用方法

筋筋膜リリースについて

ランブルローラーは筋筋膜リリースという、主に表層に近い筋肉や筋膜の拘縮をほぐすために使用されるマッサージに使われています。Myofascia(筋筋膜)の[Myo]はギリシャ語で筋肉、[fascia]は筋膜を意味します。

怪我や反復運動、もしくは長期の無活動状態はトリガーポイント(発痛点)の発達につながります。トリガーポイントとは、指先で押すと圧痛を感じる独立した特定の筋肉の領域のことです。専門家によるマッサージが一番の治療法なのですが、ごく一部の金銭的余裕がある人しか毎回必要なときにマッサージを受けることができません。
ランブルローラーは手軽で経済的なセルフケアの選択肢のひとつです。

ローリングのコツ

以下の動きを[エクササイズ]と呼んでいますが、筋肉をほぐすことよりもリラックスさせることに集中してください。
各エクササイズはゆっくりと丹念に、筋肉の上にローラーを動かし、触れると痛い箇所に留意して行ってください。そして、ランブルローラーの突起が深く当たるように、その箇所で数秒間止まる、または揺れ動かしてください。徐々に筋肉がほぐれ、硬さが緩んでくるでしょう。

最高の結果を得るためには、最適なエクササイズを集中して常に行ってください。
オフィスでお仕事をされている方でしたら、毎晩ローラーを背中に数分動かすことで、椅子の上に前かがみの姿勢で座っているのが原因の損傷を回復させることができます。
ランナーの方であれば、毎回走り終えた後にお尻の筋肉や腸脛靱帯、そしてふくらはぎの上でローラーを動かすことで、回復を早めることができます。

ローラーはいつでもお好きなときにお使いになれます。多くのアスリートはトレーニングや試合の直前に、体の力を抜くためにランブルローラーを使います。ほかには、ご自宅でテレビを見ながら使われる方もいらっしゃいます。

はじめるまえに

以下は一般的なフォームローラーを使ったエクセサイズの基本的な方法です、上級者の方や個人に合わせた方法は、ベテランの理学療法士またはトレーナーにご相談ください。

すべてのエクササイズは、ロングサイズまたはスモールサイズのランブルローラーを使って行えるものです。
しかし、コンパクトサイズのランブルローラーをお使いになる場合は、下半身の運動(例:大腿四頭筋や膝腱)を片足ずつ行う必要があるのでご注意ください。

最初はゆっくりと始めてください。エクササイズに費やす時間は関係ありませんし、数を数えて繰り返してする必要もありません。あなたのゴールは、各筋肉の柔軟性を徐々に増すことです。

いくつかのエクササイズは、最初のうちは驚くほど痛いと思いますが、それはエクササイズから得るものが多いということを示しています。数週間のうちに筋肉の質が高まり、楽しみながらエクササイズを行うことができるようになるはずです。

注意:エクササイズをやめると、痛みがひどくなる可能性があります。

RumbleRoller/ランブルローラー使用動画

Exercise Instructions [使用例]

ローラーを筋組織に沿って動かし、リリースしたい箇所に突起部分が深く当たるようにし、持続圧を加えたり揺れ動かして筋筋膜をストレッチ&リリースします。1部位につき10秒〜20秒を目安として、痛気持ちいい刺激を感じるように行います。

  1. 中臀筋
    中臀筋
  2. 下腿三頭筋
    下腿三頭筋
  3. ハムストリングス
    ハムストリングス
  4. 大腿四頭筋大腿四頭筋
  5. ITバンド(大腿筋膜張筋)
    ITバンド(大腿筋膜張筋)
  6. 内転筋群
    内転筋群
  7. 脊柱起立筋
    脊柱起立筋
  8. 広背筋
    広背筋
  9. 大胸筋・小胸筋
    大胸筋・小胸筋

Rumble Roller/ランブルローラー

商品名全長直径重量商品番号
スモールサイズ/スタンダードフォーム(紺色) 全長:31cm 直径:13cm 重量:約370g 商品番号:SBCJ0005
スモールサイズ/ハードフォーム(黒色) 全長:31cm 直径:13cm 重量:約350g 商品番号:SBCJ0017
ミドルサイズ/スタンダードフォーム(紺色) 全長:55cm 直径:14cm 重量:約775g 商品番号:SBCJ0176
ミドルサイズ/ハードフォーム(黒色) 全長:55cm 直径:14cm 重量:約755g 商品番号:SBCJ0177
ロングサイズ/スタンダードフォーム(紺色) 全長:77cm 直径:15cm 重量:約1,260g 商品番号:SBCJ0006
ロングサイズ/ハードフォーム(黒色) 全長:77cm 直径:15cm 重量:約1,170g 商品番号:SBCJ0016
ページトップに戻る